AirPowerはいつ発売されるのか?値段や充電速度は?

どもkenです。

AirPowerとは、2017年9月12日(現地時間)にApple Special Event(Appleが毎年開催している製品発表イベント)の際に発表されたワイヤレス充電器の事です。
Appleによると、2018年に発売されるそうですが、詳しい日程は現時点ではまだ判明していません。

価格もまだ発表されておらず、現時点ではまだ謎が多いですが、今回は判明している部分についてお伝えしていきたいと思います。

[adsense]

Qi(ワイヤレス給電交際標準規格)とは?

AirPower以外にも、ワイヤレス充電器は既にたくさんの種類が市場に出回っています。

それらの製品の多くに「Qi(チー)ワイヤレステクノロジー」などの表示がされていると思います。

この「Qi」とは、ワイヤレス給電の国際標準規格のことを指します。

ワイヤレス給電システムは割と古くから実用化がなされていましたが、それらは企業ごとによる独自開発のものであり、異企業間の機器での相互利用ができませんでした。

それを解決するための方法として、このような国際標準規格が制定されたのです。

[adsense]

現時点で判明している点について

AirPowerを使用して充電することができる機器は限られています。

引用元:gizmodo.jp

iPhone以外の端末では、EarPods(ワイヤレス充電器に対応したケースを使用した場合)とApple Watch第3世代、iPhoneの場合、AirPowerで充電できるのは、今のところiPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xの3種類です。

これらAirPowerに対応したデバイスを複数同時に充電することができるようです。
AirPowerに対応したiPhoneの共通点は、背面がかつてのiPhone 4などのようにガラス加工になっている事です。

AirPowerのような電磁誘導方式のワイヤレス充電器の場合、充電器と端末の間に金属があると充電がしづらく、充電速度が落ちてしまう可能性があります。

既にワイヤレス充電に対応したスマートフォンは多く、その中には背面が金属でできているものもありますが、ガラスの方が丸みを帯びさせることができ、デザインが良くなるなどのメリットもあるため、ガラス加工になったのではないかと考えられます。

そのため、背面がガラス加工になっているかどうかもワイヤレス充電器に対応しているかどうかを見分けるためのポイントとなります。

肝心の充電時間についてですが、まだAirPower が発売されていないことと、Appleの発表がない事などから正確な時間は分かっていません。

しかし、既に発売されている他社製のワイヤレス充電器の場合、もともとiPhoneに付属している充電器とほぼ変わらず、約3時間強となっているため、AirPowerに関しても大体そのくらいの充電時間になるものと見られます。

まとめ

Apple初のワイヤレス充電器として期待されているAirPower 。

同時に複数のデバイスを充電することができるなど魅力的な点がある反面、既に他社製品が存在していたり、現時点で対応機種が少ないなどの点も見られます。

今後Appleから詳細が発表されることかと思われますので、注目しておきたいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: Content is protected !!