MacBookAirはなくなる?残っても消える拡張性との予想も?

どもkenです。

2017年はAppleにとって、
様々な新商品を発表した年になりましたが、

2018年は、先日発表された廉価版iPadをはじめとして、
アップデートや、廉価版の発表の年になりそうです。

今年中にはMacBookの廉価版も、
発表されるとも言われており、

そうなれば、現在のMacシリーズの中で、
一番安い値段で売られているMacBookAirに
取って代わることになるかもしれません。

余談ですが、MacBookには、
様々なカラーバリエーションがあっていいですよね。

やっぱり、使っていく上で、
デザインは非常に大事ですからね。

MacBookAirにもゴールドとかあったら
嬉しいんですけど。

さて、話を戻します。

MacBookAirは発表当時、
「世界一薄いラップトップ」として発表され、
大きな注目を浴びました。

ですが、その性能も発売から10年が経ち、
性能や画面の解像度など、
時代遅れとなってしまいました。

ですが、その価格から、
大学生を中心にまだまだ根強い
人気があります。

僕自身のMacBookAirユーザーなので、
無くなってしまうのは寂しいものがあります。

では、MacBookAirがどうなるのか、
予想していきましょう。

MacBookAirがなくなるって本当?

引用元:apple.com

最近のMacBookAir関連で、
一番多く言われているのが、この話題です。

確かに、MacBookAirは、
もはや時代遅れとなってしまった、
性能や画面の解像度などを考えてみても、
Appleが販売終了する可能性は十分にあります。

ですが、驚くべきことに、
一部ではMacBookAirの新型が発表される
という話も出ています。

新型では、いったいどんなところが
アップデートされているのでしょうか。

考えられる所としては、

・CPUの高速化

・メモリの大容量化

・Retinaディスプレイの採用

などが考えられます。

しかし、例えば、MacBookAirが
Retinaディスプレイを採用した場合、
MacBookとの差がほとんどなくなってしまうので、
個人的には難しいかなとは思います。

そのため、現実的なところで言えば、
「低価格化」ぐらいではないかと思われます。

残ったとしても、拡張性はなくなるの?

MacBookAirといえば、
MacBookシリーズで唯一、USB-TypeC以外の
インターフェースが採用されているマシンでもあります。

これは、MacBookAirの個性の一つでもありますので、
USB-TypeCだけ、といったことはないかと思われます。

Appleとしては、今後USB-TypeCだけで
勝負するつもりなのでしょうが、
現状、アダプターを介さずに
TypeAを接続できるメリットは
まだまだ多く、需要もあります。

特に、写真を撮るのが多い方にとっては、
直接SDカードを挿入できるため、
かなり便利ではあります。

まぁ、画面の解像度の話がありますので、
そのことをメリットと考えるかは人それぞれですが。

結論としてまとめますと、

今の拡張性を維持していくと考えられます。

まとめ

スペック的に、やや時代遅れと
なってしまった、現行のMacBookAirが、
販売終了となる日はそう遠くないかもしれません。

特に、廉価版でMacBookが発売されると、
その可能性はグッと高まります。

しかし、キーボードのタッチ感、
価格から考えても、大学生を中心に
根強い人気を誇っており
今後しばらく残る可能性は高いと言って
良いでしょう。

ぜひ、MacBookAirには、
まだまだ人気があるので、現役でいて欲しいと思います。

以上、MacBookAirについて書いてみました。

参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: Content is protected !!