船越英一郎がパスポートを取られ海外に仕事で行けない!船越さんの激ヤセがヤバイ!

芸能

どもrenです。

 

ハワイっていいですよね。

海があり、山があり、色んなアクティビティも楽しめます。しかも、かなり発展しているので、買い物にも困りません。買い物好きな日本人が好きなのもわかる気がしますね。

なんでもできるリゾートがハワイの人気なんですね。

 

さて、そんなハワイで不倫をしていたという噂が立っている船越英一郎さん。

原因は松居一代さんの衝撃動画が原因ですね。

引用元:Youtube

 

船越さんは、松居さんがパスポートを所持しているせいで海外に行けないとか?

どういうことでしょうか?

 

今日は、そのあたりを詳しく調べてみましたよ。

不倫については、こちらの記事に詳しく書いてありますので、気になる方はどうぞ!

成田美和の不倫相手は船越英一郎!どんな人?松居一代の友達だった! | 松居一代動画
どもrenです。 松居一代さんの動画がアップされてから、かなり話題になっていますね。 ブログがアップされたときから、かなり気になる暴露内容でしたが、ついに公開されましたね。しかも、本人の手で公開されるという異例の事態です。 ...

 

スポンサーリンク

船越英一郎がパスポートを取られ海外に仕事で行けない!松居一代が不倫の証拠として所持か?

松居一代さんの動画では何回も不倫の話が出てくるわけですが、その証拠として船越さんのパスポートを保持しているようです。

海外に行かないのであれば、パスポートを取られても問題ありませんが、船越さんは仕事で海外の出張が予定されているようです。

しかし、松居一代さんがパスポートを所持しているせいで、船越さんが海外渡航できないと困っているとか。

4月22日に噂の動画で恐怖のノートの存在が明かされましたが、その際にパスポートも持ち出したようです。

 

動画についてはこちらが詳しいです。興味があればどうぞ!

松居一代の動画の内容は?ノートとは?裏切り者の正体は船越英一郎!文春にも裏切られた | 投稿動画
どもrenです! 最近、松居一代さんのブログの内容がヤバイと噂になっていますね。 そんな話題の松居一代さんですが、深夜にYouTubeに動画を2本投稿しています。 その動画の内容を見ていただければ、内容はすべてわかりますが...

 

船越さんの知人も

「近いうちに海外での仕事があると聞いてます。今後のこともあるので取り戻すことはできないものか、と困っている。心労が重なって疲労の色が隠せない」

と語っていたそうで、その深刻さがわかりますね。

 

僕はこの記事を見た時に、これは確かに困るかもと思いました。

だって、松居一代さんがパスポートを持っていたら、絶対に返してくれるわけがありません。

あんな過激な動画を公開して、なおかつ最後まで戦い抜きますと宣言している武闘派(?)な松居さんがあっさりと仕事で使うから返すわ。

となるわけがないのは簡単に想像が付きますよね。

 

だったら、パスポート再発行してもらえばいいじゃん。と思ったあなた!

それもできないようなんですね。

 

理由としては、正当な理由にならないから。

たとえば、パスポートセンターで再発行が依頼できるのは、紛失や盗難、災害などで失われた場合なんですね。自分の都合でほいほい再発行できたら、さすがに海外渡航を証明している外務省が許しませんよね。

基本的に紛失には、紛失届け。盗難には盗難届、災害であれば罹災(りさい)証明書が必要だとか。

パスポートセンターによると「家族が持っていて本人が使えない場合」

には、「その場合は発行できない。あくまでそれを使用していただく」

必要があるとのことで、船越さんは海外での仕事は一切できないし、海外旅行もできないということですね。取り返せないだろうし。

船越さんの激ヤセがヤバイ!松居さんの過激動画の影響か?

松居一代さんの猛攻撃で、船越さんがかなりやつれたということが話題になっています

噂では3~4キロほど体重が落ちたようで、かなりのストレスがかかっているようです。

 

僕の立場だったら、ほんと居てもたってもいられませんね。

しかも、自分のことは一切話せない(そういう方針のようですね。)

ということで、船越さんは糖尿病で闘病中との話もありますので、船越さんの体調が心配です。

スポンサーリンク

まとめ

船越さんが海外に渡航することができないとのこと。もちろん仕事でもNG

理由としては、松居さんが船越さん不倫の証拠として、船越さんのパスポートを所持しているから。

そのストレスもあり、船越さんはやつれたと言われており、3〜4キロは体重が落ちたと言われているようです。

法律的に解決できるのであれば、早期解決で船越さんの心労を和らげてほしいところですね。

 

コメント

error: Content is protected !!