MacBookの整備品って何?価格は安いの?保証やAppleCareは付いてくるの?

Mac

どもrenです。

 

みなさん、Apple製品は好きですか?

僕はApple製品は大好きです。

直感的な操作でわかりやすいし、何よりそのデザインがかっこいいですよね。

 

そんなApple製品なんですが、みなさんご存知の通り、値段がやや高いのです。

Apple社は値引きをしない方針なので、基本的に僕たちユーザーは定価でしか買えないのです。学生の方は、学割が使えますが一般の方は学割が使えませんしね。

 

ですが、実はAppleには誰でも定価より安くApple製品を手にすることのできる仕組みがあるのです。

それが「整備済製品」です。一般的には整備品と呼ばれることが多いです。

では、その整備品とは一体なんなのか。

それについて、今回は説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

MacBookの整備品ってなに?価格は安いの?

まず整備品とは、様々な理由でAppleに返品された製品を整備して、新品より安い価格で、もう一度販売している製品のことです。厳密な意味では新品ではないんです。

車で言うところの「新古車」みたいな感じでしょうか。

もちろん、新品ではないといえども、Appleの厳しい検査受けてから販売されています。

 

そんな整備品ですが、最大のメリットは、やはり安いと言うこと。

引用元:cnet.com

例えば、「12インチMacBook 1.2GHzデュアルコアIntel Core m3 – スペースグレイ」は

定価142,800円→120,800円

と22,000円もの割引がなされています。

これは本当にお得ですよね。

 

ですが、この整備品にもメリット、デメリットがあります。

そのデメリットが気にならない方ならば、これは本当に「買い」だと言えるでしょう。

 

整備品のメリットとして、やはり「欲しい製品が安い値段で買える」これに尽きます。

なにか商品を買うときに、他と比べて安いと言うのは、その商品を買う上で重要なポイントですからね。

さぁ、そんな整備品のデメリットは、

 

・箱に整備品と書いてある、ギフト用包装ができない、刻印サービスが受けられないためギフト用には注意が必要なこと。

・いつでも欲しい製品があるわけではなく、欲しい時に販売していないかもしれない。

・多少の傷がある可能性がある。

・海外から発送することがあるため、受け取りまでに時間を要する。

・iPhoneは販売していない。

 

ずらずらと挙げてみましたが、これを大きいととるか、小さいととるかは人それぞれなんですが、個人的にはあまり大きな問題のようには感じませんでした。

僕も含め、このデメリットがあまり問題にならない人は、これは本当に「買い」と言えるんじゃないでしょうか。

 

個人的には、iPhoneも販売してくれると嬉しいんですけどね。

スポンサーリンク

保証、Applecareは付いてくるの?

整備品は、Appleの公式の販売なので、ちゃんと1年保証がついてきます

ここが、普通の中古品との違いですよね。

それでいて、AppleCareにも加入することができます

 

そもそも、AppleCareってなんのこと?という方のために説明すると

通常、Apple製品を買った時には1年間のハードウェア製品保証と、90日間の無償電話サポートがついてきます。

これにより、買ってから1年間は条件にもよりますが、無料で修理が受けられて、90日間は製品についてのわからないことを無料で質問できるわけなんですね。

AppleCareというのは、例えばiPadの場合、そのサービスをどちらも2年間まで延長できるサービスのことなんです。(無料の1年間を含みます)

引用元:biccamera.com

ですが、このAppleCare、iPadの場合9,400円払って加入して、修理に出す時に4,400円かかります。

値段的にはなかなか高いので、加入する際はよく考えて加入した方が良いかと思います。

まぁ、画面修理1回すると元が取れるんですけどね。

まとめ

ここまで整備品について色々述べてきましたが、新品のApple製品が安く買えるサービスはなかなか無いので、これはかなりお得なサービスと言えるでしょう。

最後に、もう一度整備品を買うのに向いている人についてまとめると、

・今欲しい製品が整備品としてある。

・自分用である。

・多少の傷には目をつむれる人。

自分に当てはまってると感じた人は、是非一度Appleの整備品のページを覗いてみてくださいね。

コメント

error: Content is protected !!