MacBookPro(2016)のキーボードって打ちにくいの?音はうるさいの?

Mac

どもrenです。

 

MacBookProのキーボードの構造が
変わりましたね。

バタフライ構造と言われる、
新しい構造に変更されました。

 

これにより、Macのキーボードは
今まで比べ格段に薄くなりました。

そのため、見た目はめちゃくちゃかっこいいです。

見た目はめちゃくちゃかっこいいんですが、
肝心の打ちやすさはどうなんでしょうか。

 

この構造が初めて搭載されたMacBookは、
バタフライ構造の第一世代が搭載されたのですが、
とても打ちやすいと言えるキーボードとは
言えませんでした。

キーストロークが浅くて、
打っている感じがしない
と言う意見が多く見られました。

 

今回、MacBookProに搭載されたことによって、
それがどう変化したのか。

今回はそれについて書いていきたいと思います。

 

MacBookPro(2016)のキーボードって打ちにくいの?

引用元:apple.com

MacBookProには第二世代の
バタフライ構造が搭載されました。

では実際、MacBookProに搭載されたキーボードは
打ちやすいのでしょうか。

 

結論から申し上げますと、
打ちやすいキーボードとは言えません。

 

第一世代と比べると、
打ちやすさは改善されました。

それでも今までのキーボードの方が
打ちやすいと思います。

 

どうしても、ペコペコ感が否めないのです。

横から見て見たらわかると思うのですが、
とにかくキーボードが薄いのです。

それにより打鍵感がなくなってしまうのです。

 

もちろん、慣れてしまえばある程度の速さで
タイピングできるようにはなります。

中には、こっちの方がキーボードが薄いから、
早く打てていいと感じている人もいます。

 

ですが、多くの人は打鍵感を重要視するかと思うので、
「キーボードを打った時の打鍵感は必要!」
と考えている人には向かないかと思います。

キーボードの音はうるさいの?

キーボードの打鍵感と並んで、
重要視されるのが、キーボードを打った時の音です。

ですが、このバラフライ構造のキーボード、
打った時に結構な音がするんです。

 

MacBookAirのようなキーボードの音とは違い、
「カタカタ」と言うより
「ペチペチ」といった音がします。

特に、強めに打った時に高音が出るので、
静かな場所ではかなり響きやすいです。

 

イメージとしては、今までのキーボードは、
打った時の衝撃を吸収してくれる感じですが、
このバタフライ構造のキーボードは
打った衝撃がそのまま伝わって、
高い音が出ているといった感じです。

 

結論として、そのままの状態では、
静かなカフェや図書館などで使うにしては
大きな音が出てしまう、と言えるでしょう。

ですが、キーボードカバーを別に購入したり、
今までの打ち方を変えて、
軽くタッチするような打ち方に変更することで、
ある程度までは音を減らすことができます。

まとめ

MacBookPro(2016)のキーボードは

打ちやすいキーボードとは言えません。

 

しかし、ユーザーの中には
慣れてしまっている人も多く、
慣れてしまえば解決できる問題かもしれません。

キーボードの打ちやすさには個人差があるので、
ぜひ一度、家電量販店で実機を触って
確かめて見てください。

 

音に関しては、カバーをつけずに、
今までと同じように打っていたら、
うるさくなってしまうかもしれません。

音が出にくい打ち方を見つけて、
それをマスターするか、
カバーを別に購入するか、
しか解決する方法はないかと思われます。

 

比較的安い値段でカバーは販売されているので、
今のところはカバーを買うのが
一番いい方法かもしれません。

また、このキーボードには、
今までのキーボードに比べて疲れやすい
といったデメリットも存在します。
一日のうち1,2時間使うくらいなら
問題ないかもしれませんが、
何時間も使うメイン機としての使用は
難しいかもしれない、
と言うのが個人的な感想です。

 

以上、ご購入の際、
ぜひ参考にして見てくださいね。

コメント

error: Content is protected !!