バニラエアが運行終了!理由はなぜ?ピーチとの統合って?

お役立ち情報
スポンサーリンク

こんにちはrenです。

僕はよく妻の帰省の関係で飛行機に
乗る機会があるんですが、その際に
お世話になっているのが、格安航空券
であるLCC。

特に好んで使っていたのが、バニラエア
だったんですが、2019年の10月に
運行を終了するというニュースが入って
きたんです!

ガーン!マジでショック!

今日は、なぜバニラエアが運行を終了するのか?
ということを僕の独断と偏見から考察。

さらにバニラエア終了後、代替のLCCは
どうなるのか?また、ピーチとの統合に
ついてご紹介していきたいと思います。

[ad]

そもそもバニラエアとは?

もともと2011年にエアアジアジャパンと
して設立したものの、その2年後には運行を
終了し、同年11月にバニラエアとして、社名を
変更して12月から運行を再開しました。

 

もともとマレーシアのエアアジアとANAの合弁会社
として設立されたのですが、提携を解消したために
バニラエアが誕生したというわけです。

 

ANA傘下のLCCがバニラエアになります。

[ad]

バニラエアが運行終了!理由はなぜ?

バニラエア運行終了の理由は何でしょうか?

ここでいくつか見ていきましょう。

ピーチとの経営統合

香港の投資会社「第一東方投資集団」とANAが
設立したピーチというLCCとの統合が目的と
されています。

つまり同じANAが抱えるLCCであるバニラとピーチ
2つのブランドを1つに統合する。
というのが理由になります。

LCCは飛行機までの移動がネック

しかし、一方で格安航空会社であるLCCは、
競争が激化しており、経費削減などの手法も
結構大変だったんじゃないかな?
と思っています。

例えば、LCCの料金は普通の航空券と比べて
かなり安く設定されていますが、バニラエアに
関して言えば、関東から出発する場合には、
成田発になります。

僕は東京に住んでいますが、正直、成田は遠いです。
羽田発のLCCも選択肢として選べる中、電車での
運賃の差額往復で2000円+移動時間を
使ってまで、成田から出発するか?

さらに言えば、バニラエアは成田第2ターミナル
からさらに徒歩で10分ほどかかる第3ターミナル
に搭乗口があります。

第2ターミナルからバスも出ていますが、
かなり込み合うので正直、使いたくありません。

さらにさらに搭乗口を過ぎても、飛行機まで
バスで移動、そしてタラップ(階段)を上ると
いうおまけつき。

いったいどんだけ移動させるんだと笑

という場所的なネックが一番大きいです。

[ad]

LCCは追加料金で儲けるのが顧客満足度低下に

加えて、第三ターミナルから出発した場合には、
飛行機が飛び立つ滑走路がかなり遠いため、
飛行機に乗ってから飛び立つまでに30~1時間は
ざらにかかったりします。

安さ以上に時間がかかるというのがLCC(バニラエア)です。

これだったら、羽田発のスカイマークのほうが、
ストレスなく飛行機を利用できます。

また、手荷物も7キロという制限があり、
コミコミプランという預け入れ荷物のオプションを
付けていないと、7キロをオーバーしたときに
追加料金が発生します。

7キロ?意外と余裕じゃない?
という人はよほど荷物が少ないんじゃないかと。

僕は必ず超過していました。
そして、バニラエアではないですが、荷物の重量
が超えていたせいで超過料金を2000円ほど
とられてかなり不快な思いをしました。

こうした安いけど、お客の不満を募らせる
やり方は、正直、長期的な目線で見たときに得策
ではないと思っています。

例えば、荷物の件に関しては、本当に大荷物の
人だけから徴収するなど、普通に使っている人
に対するサービスは再考する必要がありますね。

[ad]

バニラエア終了後の代替のLCCは?

ピーチとの統合が終わり、徐々に整備をしていくの
だと思いますが、ピーチは関西空港がメインのため、
成田空港には、しばらくANA系のLCCは不在という
形になるかと思います。

他にもLCCはありますので、そちらを利用していく
ということになりそうです。

バニラエア運行終了まとめ

LCCであるバニラエアが来年の10月で運行を終了すると、
発表がありました。いろいろと文句を言いましたが、それだけ
バニラエアが好きだったともいえます。

ピーチとして関東に乗り込んできた際には、手荷物の
重量増加など、普段使いでは追加料金の発生しない快適な
運賃設定を希望します。

なんにせよLCCがひとつなくなるということで、少し
寂しいなと感じますね。

 

コメント

error: Content is protected !!