iPhone7とiPhone8はどっちを買うべき?違いは?おすすめは?値段・スペック比較

どもkenです。

iPhoneXがとうとう発表されましたね。

iPhoneを愛用している方の中には、新型iPhone待ちをしていて、この発表を心待ちにしていた方も多いハズです。

僕もそのひとりでした。

しかし、iPhoneXは僕の中では、何かが違うと思わざる負えない端末でした。

なんかガッカリだったんですよね。

その内容についてはこちらの記事に詳しく書いていますので、興味があればどうぞ。

そうなったとしてもiPhoneはいい加減買い替えたいですよね。

もはやバッテリーが持ちませんし、ApplePayだって使いたいんですよ。

そこで急浮上してきたのが、iPhone7です。

その理由としては、今回のiPhone8っていままでのデザインをほぼ踏襲していて、あまり違いがないように見受けられますよね。

しかも、iPhone8が発表後にiPhone7はこっそりと値下げされてたんです。

だったらiPhone8からiPhone7になっても変化があまりなければ、iPhone7でもいいんじゃないか?という気持ちになってきたわけです。

そこで、今回はiPhone7とiPhone8を比較してどっちを買うべきか、検討・比較してみましたよ。これをみて同じように悩んでいる方がいればどうぞ参考にしてみて下さい。

iPhone7とiPhone8の違いは?おすすめは?値段・スペック比較

まず見た目で大きく変化したのは、iPhone4のように本体がガラスでコーティングされたという部分が最も大きな変化ですね。

引用元:gigazine.net

iPhone7はガラスコーティングではありませんでしたので、触った感触が全く異なります。

サラサラとしたさわり心地に変化するでしょう。

またガラスコーティングされたことで、高級感あふれる外観になりました。

持っているだけで、所有欲をみたされる。そんな印象がありますね。

また見た目だけでなく実用的な部分にもメリットがありそうです。

それは、ガラスコーティングされることで、本体にキズがつきにくくなる可能性も高いです。

尚、アップルの発表によると特徴は「航空宇宙グレードのアルミニウム筐体」「7層カラー処理」「50%深い強化層」「スチールで補強されたガラスデザイン」だそう。

さらに色の展開も変更になりました。

こちらはちょっと残念な変化です。

5色展開(赤を含め6色)だったiPhone7は、iPhone8で3色になりました。

ひっそりとiPhone7の赤が姿を消したのは、とても寂しいです。

さて、今回のiPhone8で最もインパクトが大きいのがやはりCPUです。

iPhone7のA10チップからiPhone8になりA11チップに変更されています。

性能差は、A10は4コア、A11は6コアということで、今のトレンドに乗り遅れずに多コア化が進んでいます。

iPhone7と比較しておよそ1.3倍から1.5倍にパワーアップしているそうです。

これはかなりの変化といえます。

とくに普段ゲームをする人にとっては明らかに速度などのレスポンスが向上するのは間違いありません。

つまり買い替え要素の中で最もウエイトを占めているのがチップなので、外観もピンとこない。さらにはチップもあまり気にしないという場合にはiPhone7にしても問題ないかもしれません。

次にサイズを見ていきましょう。

サイズは、iPhone7とiPhone8でほぼ差はありませんが、

若干厚みと重さが変化しています。

重量がiPhone → iPhone8で10g増加。

iPhone7 Plus → iPhone8 Plusで14g

ほど増加しているのが気になるくらいですね。

ディスプレイに関しては、iPhone8がTrueToneディスプレイとなりました。

TrueToneとは色と彩度を明るさで調整することにより、写真などをより自然に見せることの技術で、2016年発売のIpadProから搭載されている技術です。

写真をよりキレイに見れるということですね。

そして、カメラにはポートライティングモードが搭載(iPhone8 Plus)

ポートレートライティングとは、カメラの専門家も使っている技術で一種のフィルタリングですね。

顔の輪郭だけを明るくしたり、光の当たり方を調整したりできるようです。

ただ、ベータ版とのこと。

最後に判断を迷わせる要素として価格があります。

iPhone7 61800円

iPhone7 Plus 74800円

iPhone8 78800円

iPhone8 Plus 89800円

全て税抜きではありますが、iPhone7の方が15000円〜16000円値段が安いです。

尚、容量のラインナップとしてiPhone7では256gbが消滅しました。

このあたりのバランスはイマイチと言わざる負えないです。

64gbだと少ないけど、256gbだと多いという方がほとんどだと思うんですよ。ただ、現状の選択肢はiPhone7しかないんですよね。

このあたりの容量と価格。

15000円を安いと見るか、高いと見るかで判断が分かれそうですね。

iPhone7とiPhone8はどっちを買うべき?

スペックを求めるのであれば、iPhone8一択。

コストパフォーマンスを求めるのであれば、iPhone7かなと思います。

ただし、iPhone7を買う場合は、すでに1世代型遅れとなります。

今後、来年あたりにはiPhoneXのSeries2とかが出た場合にTouchID搭載の

最新型が出る可能性は大いにあるわけですね。

その時にiPhone7を売りに出すのか?iPhone8を売りに出すのかでだいぶ価格が違ってくるわけなので、リセールバリューを考えるとiPhone8を買ってしまうというのは大いにアリかなとは思いますね。

ちなみに僕は、すでにiPhone8 Plusを予約購入しました。

iPhoneXの登場を待ちつつ、あまりにもiPhoneXが素晴らしかった場合にはiPhone8を手放して、iPhoneXを買っちゃうかもしれません。

大幅にパワーアップしたチップと外観がiPhone7とiPhone8の違いになるので、そこをどう評価するのかという点で大きく判断が分かれそうです。

まとめ

iPhone7を買ってコストパフォーマンスを取るか、iPhone8を買ってデザインの変更はあまりないが、最新の機種でパワーアップしたチップを取るかといったところでしょうか。

いずれにせよiPhone発売というお祭りは1年に1回だけ。

大いに悩み、楽しみたいところですね。

最新のiOSであるiOS11の情報はこちらが参考になるかもしれません。

iPhone8のケースが気になる方はこちらが参考になるかもです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: Content is protected !!