karitoke(かりとけ)の評価は?実際に使ってみた感想をレビュー!納得感は?使える?

どもkenです!

ブランド時計を定額でレンタルできるkaritoke(かりとけ)のレビュー記事を前回書くつもりでしたが、サービス概要になってしまったので、今日は、実際に商品を借りる手続きや商品が届いてどんな感想を持ったかをレビューしてみたいと思います。

結論から言うと現時点では結構アリかなぁという印象ですね。
それでは、レビュー記事に続きます!

前回、サービス概要をまとめてみました。
こちらもどうぞ!

関連記事

karitoke(かりとけ)を実際に使ってみた感想をレビュー!

さて、実際にかりとけをレンタルしてみました。
流れとしては、以下の通りですね。

・メールアドレスの登録(本登録)

・レンタルしたい時計を選択

・有料会員登録(バンドのサイズ、氏名、住所等必要事項+証明写真+クレジットカード登録)

・本人確認のために電話での応答(申し込み翌日にかりとけより入電)

・かりとけより発送&受取

という流れになります。

この中で注意点としては、バンドのサイズです。
実際に手首をメジャーで測って入力したのですが、到着した時計は2コマ分(2cm弱)大きいものが届きました。一応、手首の上に10円玉を乗せて写真をおくることで向こうがサイズを選んでくれるサービスもあるので、そちらを使ってもよいかもしれませんね。

実際に僕は、この後すぐにバンドの調整のために返送しましたが、数日間は帰ってこない状態です。また、バンドを自分で調整した場合には、規定違反となり補償金課せられるようです。

箱を開封したところです。

時計もしっかりとした箱に入っています。

ちゃんと返信用の伝票も付いていますね。

時計がこちらです。

今回、オメガのスピードマスターレーシングを選択しました。

グレードはスタンダード。

月額は、6、800円と消費税で7、344円。ここから事前登録のポイントサービスを利用したので、60%オフになりました。
結局、2、938円でオメガスピードマスターレーシングをレンタルできました

本当は、スピマスの別のモデルが良かったんですが、取扱がなかったです。
このあたりのデザインの少なさというのも今後の課題ですね。

リクエストすれば取扱されるされるらしいので、リクエストが増えれば
取扱のデザインも増えるのでしょうね。

karitoke(かりとけ)の評価は?

現時点ではアリですね。

かりとけの使い方は大きく分けて3通りありそうです。

まず1つ目は、気になるブランドの時計を短期間レンタルして、購入前に使用感を確かめる。

カジュアルな時計は、普段使いで面白そうな時計をチョイスできますよね。
最近は、時計の単価が値上がりしているのですが、少し前なら3万円も出せば
大体欲しい時計が手に入りました。

今でも、そこまで高級路線でなければ3万円でおつりが来るはずです。
欲しいものを自分のモノにできる。ことができるのが良いところですよね。

逆にブランド時計は、富豪でもなければそうそう買うことは出来ないはずです。
年に1本とかも難しいはずなので、選ぶ時にかなり慎重になりますよね。
そうするとどうしても無難なデザインを選びがちです。

つまり、ブランド時計をしている人の大半は、無難なブランド、無難なデザインになってしまう可能性が高いということですね。

かりとけを使うことで、自分が興味のあるブランドやデザインの時計を簡単に手に入れることができます。本当に自分が欲しい時計を買う時の参考にしたり、気に入った時計を見つけるということもできるワケですね。

2つ目は、完全に自分の時計として利用するという使い方ですね。

かりとけが想定している使い方は、この使い方なんでしょうね。

自分の気になるブランドやデザインを片っ端からレンタルする楽しみ方もあるでしょうし、ロレックスの高級時計をレンタルして、自分の時計のように使うというやり方もありそうです。
しかもレンタルなので、ローンと違って支払いが苦しくなったら返却すればいいのです。

若い人の時計離れが進んでいるので、あまり若い層は想定していないかもしれないですが、ブランド時計をほしいニーズはあるはずなので、ブランド時計は買えないけど、欲しいとか、ブランド時計で泊をつけたいなんてニーズはありそうです。

30代、40代のブランド信仰がある世代にもクリーンヒットでしょうね。
稼いでいる30代、40代ばかりではないので、そういった自分がなしえなかったことを
取り戻せるサービスっていうのはかなり心に響きますからね〜(実感)

ただ、僕の意見としては、2つめの使い方はデメリットの方が大きそうです。

まず、レンタルする料金が見合わないケースがあること。
例えば、スタンダードコース(6800円(税抜き))をレンタルしたとします。
オメガのスピードマスターレーシング(スタンダード)をレンタルすると、年で88、000円の維持費がかかるわけです。
一方、中古での相場はかなり開きがありますが、20万円〜となっています。

約2年ほどで買ったほうが良いってことになりかねませんね。

あとひとつは、レンタルした時に送られてきた利用規約ですね。
こちらに記述があり、通常使用以外のキズや破損した場合には弁償する必要がある。
との明記されていたので、万が一のことを考えると怖くて使いにくいという心理的な負担があります。

そういった意味で、長期間レンタルするのはあまりオススメできないかなぁという印象です。
レンタルなのだから、保険のオプションをつけるとか、もう少しかりとけには、サービスを頑張って欲しいところです。

3つめは、冠婚葬祭やホストなど一時的に利用するためにレンタルするという使い方ですね。

こちらは、完全に見栄でつけるパターンですね。

これはこれで需要がありそうですし、一時的とはいえ活躍しそうなのでありがたいサービスと言えそうです。

karitoke(かりとけ)の納得感は?使える?

実際に登録〜受取まで体験してみて思ったことは、かなり手続きがスムーズだなと言う印象です

登録した翌日の本人確認で、氏名、生年月日、住所を答えれば、その数分後に本人確認が取れましたというメールが届きますし、すぐに発送も手配されました。

実際に手続きをして届いたのは翌々日でした。本人確認さえスムーズなら最短で翌日には届くかと。このあたり、とても好感が持てますね。

あとは、気になる所として料金の発生タイミングですね。本人確認が取れた時点で課金も更新タイミングがセットされるんですね。

例えば、7月3日に本人確認が取れた場合には、更新のタイミング(次月の課金発生日)は8月3日になります。
例えば、残業などで荷物が受け取れない日が続くタイミングで月曜日に発送されたりすると受け取れなくて土曜日に受け取りなんてこともありますよね。

しかも、最近、ヤマト運輸は宅急便の受取時間20-21時指定を廃止して、19-21時に統合しました。

これにより夜間受取が厳しい人も多いと思います。僕は、残業で帰れないことが分かっていたので、コンビニ受け取りに変更をして受け取りをしました。

この辺り、受取日時の指定は通販では当たり前だと思うサービスが導入されていない事や、受け取りができない日は、当然ながら時計も使うことが出来ないわけで高額なレンタル料を払うわけですから、そのあたりの配慮が足りないと感じました。

借りる際の注意点

借りる際の注意点としては、送られてきた段ボールの中に注意書きがあったので、一部紹介させて頂きます。

  • 商品にキズ/汚れが付いたり故障した場合は、直ちにサイト内のお問い合わせよりご連絡下さい。
  • 商品の盗難/紛失の場合も同様に、直ちにサイト内のお問い合わせよりご連絡下さい。
  • 通常使用での軽微なキズは、お客様のご負担はありませんのでご安心ください。
  • 万が一、商品として欠陥となりうるキズ/汚れが付いてしまった場合、修理可能であれば修理費用を、修理が不可能な場合は同等物の購入費用をお客様にご負担いただくことになります。予めご了承下さい。

とある通り、キズや破損の際には修理費用か同等の品の金額が請求されるようですね。
高額なブランド時計なので、当然、修理費用もかなりの高額ですし、同等品ともなれば数十万以上のお金の支払いが必要になるので、くれぐれも破損や紛失には注意したいところですね。

まとめ

かりとけは使い方によっては、アリなサービスです
ただし、長期間レンタルする場合には、費用が本当に時計を使用するのと見合うのか?買った方が良いのかは冷静に判断する必要がありそうです。

さらに気のなるのが、時計に保険がないこと。万が一もことを考えると怖くて使いにくいし、気を使いそうです。

このあたり、サービスの根幹に関わる部分だと思うので、しっかりと検討して保険のオプションも用意してもらいたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
error: Content is protected !!