糖質制限中のミックスナッツはおやつ・間食に!コンビニのナッツは高い?

お役立ち情報

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

どもrenです。

最近、健康診断を受けたばかりなんですけど、いつもひっかかる項目が決まってきています。僕もすでにアラフオーなんで仕方ない部分は大いにあるんですけど、特に困っているのが体重なんですよね。

健康診断でメタボリックと診断された。

こんな風に同じ悩みを持っている方も多いと思います。

 

そこでおすすめしたいのが、糖質制限ダイエットです。

ご飯やパンや麺類などの炭水化物を制限するだけで体重を落とすことができるという画期的なダイエットです。

僕も糖質制限ダイエットによって8キロほど減量に成功したことあります。
なので、成功するればまちがいなく痩せる方法なのですが、困ったことが1点だけあります。

それは間食の習慣のある人には地獄のようなダイエットであるということです。

しかし、そんなあなたにも救いの神があります。

それは、ナッツ

ナッツであれば、糖質制限中でも気にせず食べることができる代表的なおやつです。

今日は糖質制限中でも頼れるおやつナッツについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

糖質制限ダイエットとは?

そもそも糖質制限ダイエットとはなんでしょうか?

糖質制限ダイエットとは、その名のとおり「糖質」を制限することにより、ダイエットするというもの。

糖質はその名のとおり、あま〜いお菓子やジュースなどをはじめとして、僕たち日本人が大好きなご飯やパン、麺類などの炭水化物の摂取をコントロールすることにより、短期間に体重を落とすことができると数年前から話題になっているダイエットなんですね。

 

実際に僕も平均体重よりも10キロほどオーバーしているせいで、健康診断の結果が、体重だけでなく血圧や中性脂肪などの余分な数値までビルドアップする始末。

意を決してダイエットに取り組もうと思っても、スポーツジムに通ったりするのはハードルが高いですよね。

 

スポーツジムに通うのは金銭的·時間的に負担が大きいばかりでなく、真理的な部分が大きいと思っています。なにせ生活のリズムを結構変える必要がありますからね。

そういった意味ではスポーツジムに通えてしまったという時点で、成功が約束されているようなもの。意思の強い人やもともとスポーツや体を動かすことが好きな人は、スポーツジムに通うのもひとつの方法ですよね。

 

でも、普段から体を動かす習慣のない人は運動系のダイエットに取り組むのは挫折する確率が非常に高いです。

 

なので、糖質制限ダイエットは体を動かす習慣のない人にも食事制限だけで始められることから、とても評判が高いです。

 

ダイエットの内容としても、炭水化物やお菓子やジュースなどを制限するだけ。

お肉やお酒(蒸留酒)などは基本的にいくら食べても大丈夫です。
僕も数年前に糖質制限ダイエットに取り組み8キロを減量した経験があります。

 

かなり意思が弱くて、いつもすぐに挫折しちゃう豆腐メンタルな僕でも成功したダイエットなんで、意志の弱い人ほどおすすめできますね。

 

スポンサーリンク

糖質制限ダイエットで食べられないものは?

糖質制限ダイエットで実際に食べれないものはなんでしょうか?

 

ズバリ!糖質の高い食品です。

 

え?糖質なんて意識したことがない?

そうですよね。僕も糖質は意識したことはありませんでした。

 

しかし、せっかく糖質制限をするのであれば、糖質を押さえておかなければ、せっかくのダイエットが意味のないものになってしまう確率が高いですよね。

「あー、あれって食べちゃダメだったんだー。」

なーんてことにならないようにしっかりと、食べられる食品。食べられない食品を押さえておきましょう。

 

ダイエット中は特に神経が高ぶりやすいもの。食べていいものかどうか判断がつかないとストレスになって、挫折してしまう要因になりかねません。

ここでは、サクッとわかりやすく糖質の高い食品、低い食品をご紹介したいと思いますよ。

肉類

牛肉、豚肉、鶏肉、ラムなどのお肉は大丈夫です。

 

ソーセージ、ベーコン、ハムなどの加工肉は糖質が高いです。

あとは焼き鳥のたれなども糖質がたっぷりなので注意してください。

 

野菜


レタス、キャベツ、ブロッコリー、ピーマン、アスパラガスなど大体の野菜は大丈夫です。

 


にんにく、かぼちゃ、にんじん、れんこん、トマト、ごぼうなど根菜類を中心にやや糖質が高いです。

しかし、野菜は健康にもとても良いので、大量に食べなければ下手に制限はしなくても大丈夫だと思いますよ。

お酒


焼酎、ジン、ラム、ウィスキーなどの蒸留酒。

 


ビール、日本酒、ワインなどの醸造酒は糖質が高めのため、控えましょう。

おすすめの食品

豆腐、納豆、おから、きのこ類などはたんぱく質や食物繊維が豊富なため積極的に採りたいですね。

スポンサーリンク

糖質制限ダイエット中のおやつは?

僕は糖質制限をする前から、おやつを食べるのが習慣になっていました。

糖質制限中はおかしなどの糖質は当然ながら食べられないため、糖質制限をする前よりもお菓子が食べたいことが多くてかなり苦しかったんですよね。

また、糖質制限ダイエットでは、最も早くエネルギーになる糖質を制限するので本能的に糖質を求めてしまうんですよ。

 

どうしてもご飯を取らないことによる食事の満足感が低下するので、間食で満足感を補助してあげるとダイエットの成功率がアップするというメリットもあります。

では、糖質が低く満足感も高いおやつとは何でしょうか?

チーズ

ひとつめはチーズです。

コンビニでも売っているチーズは糖質制限中のおやつとしては、最適です。

チーズは100gあたりの糖質が0.6gとかなり低く、たんぱく質として優秀なため、積極的におやつとして活用したいところです。

こちらはおつまみチーズですが、一度は食べていただきたいシリーズだけあって、美味しさは保証付きです。

しかし、注意点がひとつだけ。

プロセスチーズ100gあたりの塩分が2.8gです。
日あたりの塩分摂取量が男性で11.3g、女性で9.6gとされているので、とりすぎにはくれぐれも注意したいところですね。

ナッツ

二つ目はミックスナッツです。

糖質制限中にはとても役に立つのがミックスナッツ。

100gあたり4.2gの糖質とチーズと比べるとやや糖質は高めなものの、良質のたんぱく質が取れるためおすすめです。

ミックスナッツは糖質がやや高めとはいえ、血糖値の上がり方が緩やかで、糖質制限中にも安心して食べることができます。

 

また、食物繊維や健康にとてもよいオメガ系の栄養素も含まれているため、単なるおやつという枠を超えて積極的にとっていきたい食品でもあります。

オメガ系の栄養素はコレステロール値を改善したりする効果もあります。
僕も毎回、健康診断でひっかかっているんですけど、周りの人に聞いてもコレステロールに引っかかる人って多いんですよね。

そういったコレステロール値が気になる方にもおすすめなおやつになります。

 

しかし、注意点がひとつだけあります。
やはりチーズと同じで塩分には注意しましょう。

コンビニで売っているミックスナッツは手軽に買える反面、どうしても高いですし塩が入っているものが大半です。

 

そういった意味ではAmazonで買うとミックスナッツはとても安いです。
また、無塩ものも 種類が豊富にあります。

僕のおすすめは、カークランドのミックスナッツです。

1kgで3000円と、値段と量のコスパが最も良いミックスナッツです。
入れ物もフタ付きプラスチックなので、気軽につまめます。

本格的に糖質制限ダイエットをコンビニの相場だと300gで200円からとなかなか高かったりするので、はじめるのであれば、まとめ買いがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

 

糖質制限ダイエットは運動も必要なく、ご飯、パン、麺類などの主食を制限するだけという
かなりハードルが低いダイエットです。

しかし、間食にお菓子を食べることができないなど、ストレスがたまりやすいのは確かです。

そういったダイエット中にも、チーズやミックスナッツなどのサポート食品を積極的にとることによって、モチベーションが維持できますので、積極的に取っていきたいですよね。

 

特にミックスナッツは、たんぱく質が豊富でコレステロール値が気になる方にもおすすめですよ。

コメント

error: Content is protected !!