ダウンコート・ジャケットはいつからいつまで着れる?気温は?何月から?

どもrenです。

いよいよ寒くなってきましたね。

僕は東京在住ですが、外出するとみなさんいよいよ本格的な冬の格好が目立ちますね。

数週間前までは、お昼は結構暖かくて過ごしやすい陽気だったんですけど、昼間でも結構、気温がさがってきたので、コートは必須ですね。

ただ、電車の中は流石に温かいので、ダウンコートやダウンジャケットの出番を待っている方は、いつからダウンコートやダウンジャケットを着ればいいのか迷っている方も多いかと思います。

今日は、具体的に何月くらいからダウンコート、ダウンジャケットを着れるのか?

また、気温は何度くらいがちょうど良いのか?ということについて調べてみましたよ。

スポンサーリンク

ダウンコート・ジャケットはいつからいつまで着れる?何月くらいから?

ダウンコートやダウンジャケットが活躍するのは、ズバリ12月くらいからダウンコートやダウンジャケットの出番となりそうです。

ダウンジャケットを着る目安としては、街中でダウンジャケット姿が多くなってきたら着るタイミングとしては最適です。ダウンジャケットってほかのコートと違って着ぶくれしやすいですよね。

ダウンジャケットを早めに着初めると、どうしても目立ってしまいます。

しかし、街を歩いていてダウンジャケットやダウンコートが目立ち始めれば、さほど目立つことなく安心して着ることができます。

スポンサーリンク

ダウンコート・ジャケットを着るのにちょうど良い気温は?

ダウンコートを着るのにちょうど良い気温は、最高気温が10度を下回り始めたころがちょうど良いようですよ。

ダウンコートはその保温性からとても温かいですが、気温が高すぎるとすぐに汗をかいてしまいがちです。なので、ダウンコートの下はやや薄手のニットなどを着て、体温調整できるように工夫したいですね。

とくに電車通勤などの方は、ダウンコートを着ることで汗だくになりやすいですからね。

まとめ

ダウンコート、ダウンジャケットを着るのにちょうど良い時期は12月くらいから3月の初旬くらいまで。気温で言えば、最低気温が10度を下回るようになったくらいがちょうど良い時期です。

ダウンジャケット、ダウンコートは保温性が高いため、ダウンの下は薄着のニットなどを着て暑ければダウンを脱ぐなどして、体温調整をできるようにしておきたいところです。

コメント

error: Content is protected !!