リンキンパークの歴史は?来日公演(ライブ)は大丈夫?メンバーは何人?名曲はなに? | チェスター・ベニントン自殺

芸能
スポンサーリンク

どもrenです。

リンキン・パークのボーカルである、チェスター・ベニントンさんが死去したとのニュースが入ってきました。

リンキン・パークといえば、アメリカのバンドで20年以上活動しているメジャーなバンド・グループですね。

僕はあまり知らなかったのですが、このバンドのボーカルが亡くなったことにかなりのショックを受けている人や、11月2日〜5日には来日公演の予定があったようで、ライブが中止ではないか?

と心配している人も多いようです。

今日は、リンキン・パークの歴史や来日公演は大丈夫なのか?といった点について調べてみましたよ。

[ad]

リンキンパークの歴史は?メンバーは何人?

リンキン・パーク(Linkin Park)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身のバンドでメンバーは6人。

1996年に結成したバンド「Super Xero」を前身としているようですね。

2000年代にリリースしたファーストアルバム「Hybrid Theory」が大ヒットしてから、世界的にも一躍有名になったようです。さらには、「Meteora」が1000万枚以上の売上を記録したというからビックリです。

トータルでの売上は5000万以上の売上だそう。

5000万枚なんて日本では聞いたことがありませんよね。
さすが世界をまたにかける、ビッグバンドだといえそうです。

メンバーですが、現在は、以下の6人ですね。

チェスター・ベニントン(ボーカル)

引用元:nme-jp.com

今回亡くなったのが、このツインボーカルのうちの1人。
チェスター・ベニントンさんです。

マイク・シノダ(ボーカル)

引用元:dailymusiclife.doorblog.jp

フェニックス(ベース・コーラス)

引用元:gettyimages.co.jp

ロブ・ボードン(ドラム)

引用元:drillspin.com

ブラッド・デルソル(ギター、ベース、キーボード)

引用元:guitarutopia.xsrv.jp

 

ジョー・ハーン(DJ)

引用元:twipple.jp

 

リンキンパークは、ツインボーカルだそうです。

通常はマイク・シノダがラップ、バックコーラスを担当していて、
チェスター・ベニントンがメロディック、ロック、シャウトを担当。
この2人のボーカルが緩急の役割を担っていて、大ヒットの要因になっているようです。

[ad]

リンキン・パークの名曲といえばなに?

In The End

Numb

Somewhere | Belong

 

「In The End」「Numb」「Somewhere | Belong」

このあたりの曲が名実ともにリンキン・パークの名曲と言われているようですね。
もちろんこの他にも名曲がたくさんあるようです。

たしかに、一度聞くと耳に残って、気がつくとメロディーが頭に残っている感じがします。
いままで、リンキン・パークを知りませんでしたが、ファンになりそうです。

 

[ad]

ボーカル不在での来日公演(ライブ)は大丈夫?

さて、リンキン・パークのボーカルであるチェスター・ベニントンさんの死去で11月の日本での来日公演(ライブ)がどうなるのか?と心配されている方も多いのではないでしょうか?

ただ、通常で考えればツインボーカルとはいえ、ボーカルは代理がききません。
他の人が歌えばカバーになってしまうし、ツインボーカルの片方だけが歌っても別の曲になってしまいますよね。

ということで、あくまで僕の予想ですが、公演は中止になる可能性が高そうです。

しかし、メンバーの意向次第でボーカル一人で公演をスタートする可能性もあり、事前に情報を集めた方が良さそうではあります。

まとめ

リンキン・パークはアメリカのバンド。
アルバムの売上は累計で5000万枚以上を売り上げる、モンスターバンドです。

有名な曲としては、「In The End」「Numb」「Somewhere | Belong」の他にも名曲が多数。

今回、ボーカルの1人チェスター・ベニントンさんが死去されたことで、来日公演は絶望的。

チェスター・ベニントンさんの冥福を祈らせていただきます。

コメント

error: Content is protected !!