中村江里子の旦那さんとの馴れ初めはパリ?実は離婚の危機?|誰だって波瀾爆笑

芸能
スポンサーリンク

どーもkenです。

2017年4月9日の誰だって波瀾爆笑に中村江里子さんが登場されます。

中村江里子さんといえば、華やかなパリでの生活が有名ですよね。ご自身もブログを開設していますし、その生活が気になる方も多いようです。

今回はそんな中村江里子さんについて気になったので、調べてみました。

[ad]

プロフィール

名前:エリコ・バルト(旧姓:中村江里子)

生年月日:1969年3月11日(48歳)

出身地:東京都

サイズ:身長・169cm

学歴:立教大学教育学部

 

もともとはアナウンサーだった中村さんですが、ご実家が創業130年を超える老舗の銀座の老舗楽器店「十字屋」(株式会社銀座十字屋)の社長(現社長は母の千恵子さん)の娘さんなんですね。

実家が老舗の楽器店でアナウンサーの経歴を持つ彼女は、まさにお嬢さんと言えそうです。

だからこそ、テレビで拝見しても、品があって観ていて嫌味がないのかもしれませんね。

 

旦那さんとの馴れ初めはパリでの出会い?

そんな中村さんですが、パリに移住するきっかけとなったのが旦那さんとの出会いでした。

そんな旦那さんとの馴れ初めは偶然が重なって何度か会ううちに深まっていったようです。

まず、旦那さんが初めて日本に来たときに都内のホテルのエレベーターで偶然乗り合わせたそうです。それでもそのときはお互い声をかけることなく終わり。

 

次に半年後、パリに旅行に行った際に知人に友達を紹介しよう。と言われて出てきたのが旦那さんだったようです。そのときに何故かエレベーターでのことを覚えていて、次回来たときにはご飯でも食べましょうとなったそうです。

 

さらに偶然は重なって、その8ヶ月後にまた再開。

旦那さんが出席するパーティに中村さんが誘われていったそうです。

階段を降りていった下で旦那さんが出てきて

旦那さん「僕のこと覚えてますか?」

中村さん「覚えてます。」

というやり取りがあって、電話番号を交換。

ただ、中村さんは興味がなかったようで、何回も食事の約束をドタキャンしたりしていたらしいです。

その後も旦那さんの猛プッシュがあって、やっと二人は付き合い始めたというエピソードがあったようですね。

そんな恋愛を経て2001年9月に結婚、現在は三子を儲けています

うーん。これはスゴイ猛プッシュですね。何回もドタキャンされて、それでも諦めなかった旦那さんの情熱には頭が下がります。僕だったらまず間違いなく諦めてますね笑

[ad]

実は離婚の危機かも?

実は、旦那さんはアパレル企業をの御曹司でした。

名前はシャルル・エドゥアール・バルトさん

 

 

中村さんにいつまでも美しくいてもらうために化粧品会社を立ち上げ、経営をしているようです。

なんてすごい愛情なんでしょうか?

これは女性冥利につきますね。

 

男性は、仕事が忙しくて帰れないときがあると、

「私と仕事、どっちが大事なの?」

なーんていわれた経験ありませんか?

僕はあります笑

 

でも、シャルルさんは奥様のために会社を立ち上げ、経営をしているわけですから、もはやどっちが大事なのかわからないです笑

そんなシャルルさんの会社はあまり経営が思わしくなく、中村さんが日本で活動をしているのは、そういったあたりの事情があるようだと言われています。

 

ただ、調べてみたところとくに離婚の噂などはなく、夫婦仲は円満なようです。

そりゃそうですね。中村さんのため会社を立ち上げたくらいですから、その愛情の深さは図りようがありませんね。

 

誰だって波瀾爆笑

波瀾履歴ショーでは、そんな中村さんのセレブなパリでの優雅な暮らしぶりを紹介。アナウンサー時代に初めてできた彼氏との恋愛秘話も初告白するようですねー。

また、改めて旦那さんとの出会いも告白。新たなエピソードも登場するかもしれませんね。

これは楽しみです。

[ad]

まとめ

中村江里子さんは銀座の老舗楽器店の娘で、旦那さんは彼女のために化粧品会社を立ち上げ経営。

現在はパリで旦那さんと三人の子供とセレブで優雅な暮らしをしているようです。

離婚の危機は今のところなさそう。

 

そんな彼女のパリでの暮らしぶりにこれからも目が離せないですね。

コメント

error: Content is protected !!