六花亭の小田豊さんのプロフィール・経歴(Wiki)!独自戦略とは?【カンブリア宮殿】

芸能

どうもrenです。

2018年10月4日のカンブリア宮殿
(毎週木曜 22時00分~22時54分)で
六花亭の前社長である小田豊さんが出演されます。

タイトルは
「六花亭」の独自すぎるサバイバル術の全貌に迫る!」
という内容で六花亭の独自の経営手法
などが明らかになるようです。

 

僕の妻が北海道出身ということもあり、
妻とともに帰省する際には、
六花亭には必ず行きます。

マルセイユバターサンドやバターケーキ
そしてチョコレートもとても美味しいんですよね。

 

まさにお土産であれば鉄板!

ともいえるお店なんですが、ここまで
成長した企業の戦略がとても気になりますね!

六花亭の小田豊さんのプロフィール

名前は、小田豊(おだゆたか)さん

1947年生まれの北海道帯広市出身だそうです。

やはり北海道出身なんですね。

 

最終学歴は、慶應義塾大学商学部とかなり
優秀な方のようです。

趣味は茶道。ということで、かなり渋い
趣味をされているなぁ。と言う印象ですが、
お茶菓子として六花亭を出されている?

と考えるならば納得ですね!

六花亭の小田豊さんの経歴(Wiki)は?

小田豊さんは、大学卒業後、京都の老舗菓子店
「鶴屋吉信」で修行されたそうです。

1972年7月に父が経営していた帯広千秋庵(のちの六花亭)
に入社をされます。

1995年には、副社長を経て社長に就任され、
その手腕を発揮されました。

2016年には、現在の社長である、佐藤 哲也さんに
社長職は譲り今は、六花亭食文化研究所所長として、
活動をされています。

 

なんと!

六花亭から出すお菓子の全責任を負うという
立場で仕事をされているようで、社長を退いても、
仕事に全力を尽くしているという姿勢がうかがえますね!

六花亭の独自戦略とは?

六花亭の独自の戦略とは、大きく2つあり、

・店舗を北海道以外に拡大しない!
・売上拡大を優先しない!

と言うことだそうです。

 

なぜそのような独自の路線を選んだのでしょうか?

それは、味を守るためだそうです。

 

昔、東京へ進出しないか?
という誘いがあり、小田豊さんは悩まれた末に
東京への進出はせずに北海道だけにすると決断

「売り上げや規模」を追求するのではなく
「従業員の質を維持する」ことで企業を永続させる、
ためにそういった決断をしたようですね。

 

それでも、「六花亭」を、年商200億円を超える
お菓子メーカーとして成長させた小田豊さんは
本当にすごい経営者ですね。

 

攻める経営と守る経営。

通常守りは、衰退していくだけ。
と批判されるものですが、守りつつも
伸ばすという戦略があるんだと目からうろこな
お話でした。

まとめ

六花亭の小田豊さんは、北海道生まれの敏腕経営者。

攻めずに守る。という経営手法にも関らず、200億円もの
お菓子メーカーに六花亭を成長させました。

早く番組でも他のエピソードを含めて視聴してみたいですね!

コメント

error: Content is protected !!