AppleWatchSeries3で、できることって何があるの?セルラー機能搭載で何が変わるの?

AppleWatch

どもrenです。

突然ですが、AppleWatch便利ですよね。

ただ単に時計としての機能だけではなく、歩数計やスマホの通知を表示できるなど、腕につけるスマホのようになっています。

そんなAppleWatchから、Series3が出ました。

Series3になって、AppleWatchが、どう変わったかについて、今回は書いていきたいと思います。

AppleWatch Series3で、できることは?

引用元:apple.com

では、AppleWatchで、できることは一体なんなのでしょうか?

また、Series3から新しくできるようになったことは、なんなのでしょうか?

それについてまとめていきたいと思います。

電話の発着信

これは、iPhoneにかかってきた電話を、iPhoneをポケットから出さずにAppleWatchで電話を受け取ることができる機能です。

時計で、電話に出ることができるなんて、なんだか近未来的でカッコいいですね。

Siri

AppleWatchには、Siriが搭載されています。

これによりAppleWatchに、天気予報を聞いたり、道案内をしてもらったりすることが可能となります。

AppleWatchがあれば、今まで以上にSiriが便利に使えますね。

iPhoneに来た通知の確認

AppleWatchをつけていると、iPhoneを取り出さなくても、通知を確認できるようになります。

しかも、Series3からは、後で説明しますが、セルラー機能を搭載しているため、iPhoneの近くいなくても、通知を受け取ることができるようになりました。

しかも、スタンプや定型文で返信もすることも可能です。

歩数計

AppleWatchには、歩数計が付いています。

毎日の歩いた距離や、消費カロリー、歩数、心拍数まで記録してくれるため、

ランニングやウォーキングを毎日の習慣としている人には便利なアイテムだと言えるでしょう。

しかも、Applemusicを使えば、音楽プレーヤーとして使うこともできます。

ApplePay

これは、個人的には一番興味のある機能です。

suicaなど、電子マネーと紐づけることにより、Applewatchをかざすだけで、対応するコンビニ、自動販売機で支払いが可能となります。

つまり、財布やiPhoneを持っていなくても、AppleWatchだけをつけてランニングに出かけて、帰りにコンビニで飲み物を買う

といったことが可能となります。

セルラー機能で何が変わるの?

すでに書きましたが、セルラー機能とは、iPhoneを介さずそれ自身だけで通信する機能のことです。

今までのAppleWatchはセルラー機能に対応していませんでしたが、Series3から対応しました。

具体的には、今あるiPhoneが契約している電話番号を共有することで可能となります。

ただし、注意点として、「200円〜500円の追加料金がかかる」、「大手3社の回線を持っていない人はセルラー機能が使えない」、「セルラー機能を使っている時の電池の持ち時間が、かなり短い」ことが挙げられます。

「大手3社の回線を持っていない人はセルラー機能が使えない」とはつまり、いわゆる格安スマホとして、「楽天モバイル」「マイネオ」「LINEモバイル」などのMVNOとしか契約していない人は、セルラー機能は使えないということです。

おそらく、追加料金の件は数百円ですしあまり問題にならないかと思います。

ですが、最近は大手3社とは契約せずにMVNOとしか契約していない人も多いと思うので、2番目に該当する方は要注意です。

まとめ

AppleWatchがセルラー機能を搭載したことにより、iPhoneなしでも通信ができるようになり、より便利になりました。

ですが、単体で通信しているときはバッテリーの減りがかなり早くなるので、

普段は iPhoneと一緒に持って出て、iPhoneを忘れたとき、短時間の外出などの時だけ、セルラー機能を使うのが良いかと思います。

将来的には、iPhoneのようにポケットに入れて持ち運ぶ端末から、AppleWatchのように身につけて通信する端末が主流になっていくのではないでしょうか。

以上、AppleWatchSeries3について、参考になれば幸いです。

コメント

error: Content is protected !!