Caffice新宿は閉店後リニューアル!ノマドの強い味方!料金は良心的!

お役立ち情報

どうもrenです。

先日、新宿のCaffice(カフィス)でブログ執筆のために夕方頃行ったのですが、あまりにも作業効率がよくて、これからかなりお世話になりそうな予感がしたので、その感想と料金や電源、Wifiなどの設備についてざっとご紹介したいと思います。

Caffice(カフィス)は外でブログ執筆などの場合に最適なカフェ!

僕は最近、外出することが多く、会社に戻らずに直帰することが多いのですが、そんな時に迷うのは自宅にまっすぐ帰るべきか?それともちょっとだけブログを書いたりする時間を取るのか?ということです。

こんなことを言ってしまうと、世の奥様方を全部的に回してしまいそうですが、家に帰っても子供の面倒を見なくてはいけないんです。
そう、早く家に帰ったところで疲れは取れないんです笑

なので、もっぱらカフェによってブログ執筆の時間を取ることが多いんですが、そこで悩むのがどのカフェに行こうか?という場所の問題です。

中央線や総武線沿線がとても使いやすいエリアなんですけど、秋葉原は平日でも以外と混雑しているし、あまりカフェがなかったりします。

また、新宿より西、中野、高円寺、阿佐ヶ谷、荻窪、吉祥寺もやや混雑してて、あまり広いカフェがなかったり、混んでて入れなかったりするので、いつも悩みながら、妥協しながらカフェを使ったりしていたのです。

 

しかし、Caffice(カフィス)は店内も広くおしゃれで、Wifiと電源も完備。
さらには、ドリンクもやや高めであるものの、作業のためのカフェという位置づけから、割り切って作業に取り組める環境が魅力でした。

正直言って予想以上に良かったので、かなりの頻度で通ってしまいそうです!

Caffice新宿は閉店後リニューアル!ノマドの強い味方!

Cafficeはいったん2016年末で閉店したそうですが、翌年の1月には復帰を宣言。
2017年の2月には同じテナントの同じスペースで復活したようです。

いやーこんな貴重なカフェが閉店してたなんてビックリです。
まじで、リニューアルオープンしてくれてて嬉しいです。

 

Caffice新宿の料金は良心的!

気になるのがCafficeの料金ですよね。
料金システムは非常にシンプルです。

まず、好きな席に着席をします。
(店員さんに来店人数を伝えると、お好きな席にお座りください。と声掛けがあります。)

そこでワンドリンク、好きな飲み物を注文すればオッケー!

ほとんどの飲み物が800円台で、僕はカフェインが苦手なので、オレンジジュースを注文しました。ワンドリンクを頼んだあとは2時間まで作業できるようです。

 

ただし、混雑の状況によって店員さんが判断するようで、僕はあまり混雑していない。と自分で判断をして約2時間半ほどブログ更新作業で利用させていただきました。

Wifiのパスワードは利用ガイドみたいな小冊子がテーブルに備え付けられているのですが、そこにパスワードも記載があります。

 

料理なんかもあったようですが、さすがに夕方だったので、料理は注文しませんでした、次回以降、飲み物もお酒がおいてあったので合わせてトライしてみたいと思っています。

トイレも何度か利用させてもらったんですが、非常にきれいかつスペースが広いです。あんなにきれいなトレイはなかなか見ないかも。

 

そうそう、注意点が1個だけ。

ドリンクや料理は自分で注文をして受け取るスタイルではなくて、自席でお願いする方式です。間違ってドリンクを注文しにいったら、注意(?)されてしまいました。ちなみに僕のあとから来たお客さんも同じように注意されていました。

まとめ

新宿駅南口から徒歩で3分程度の場所にある、Caffice(カフィス)。

電源とWifiが充実していて、広いスペースでブログ執筆などの作業ができるとあって、平日にも関わらずかなりの盛況でした。

でもそれもうなずける話です。

普通のカフェであればパソコンで作業をしている人は多くても2割程度。ほかの人は会話などをしていることが多いので、隣の人次第では集中できなかったりするのですが、カフィスはほとんどパソコンで作業をするために来ているので、みな静かに作業に没頭しています。

 

その環境が心地よくて、取り組むまでがやや気の重いブログ更新作業も軽やかに進めることができました。

 

新宿近辺でそういった作業場所を探しているのであれば、一度、訪れても良いかもしれませんよ。

コメント

error: Content is protected !!