韓国崩壊間近?半導体のサムスン・SKハイニックスが倒産でヤバイ!フッ化水素輸出制限【徴用工裁判】

こんにちはrenです。

 

韓国の徴用工裁判が大きく波紋を呼んでいますが、日本側も反撃の狼煙を上げ始めたようです。

半導体業界では必須とも言われるフッ化水素の輸出を日本政府が一部承認しない動きが出ているようなんです。

2018年11月8日、韓国・電子新聞は「日本政府が韓国に輸出される半導体製造用フッ化水素の一部を承認しないという事態が発生した」とし、「韓国の半導体業界に緊張が走っている」と伝えた。

ソース:recordchina.co.jp

これに伴い、韓国の半導体業界はかなりの危機感を感じているようで、業界に震撼が走っているとか。

さらに韓国だけに半導体業界だけにとどまらず、韓国に深刻なダメージを与える可能性が高いと言われています。

今日は、フッ化水素輸出制限でなぜ半導体業界が困るのか?また、サムスン・SKハイニックスなどの半導体企業が仮に倒産した場合には韓国はどういった影響を受けるのか?

といったことについて、お伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

韓国崩壊間近?半導体のサムスン・SKハイニックスが倒産でヤバイ!

フッ化水素輸出制限で半導体業界にどんな影響がある?

半導体を加工する工程であるエッチング。
この工程は、液体薬品を使用するウェットエッチングとフッ化水素酸をもちいるドライエッチングの2つの方法があり、いまはフッ化水素酸を使用するドライエッチングが主流です。

このドライエッチングで使用されているのが、フッ化水素を原料とするフッ化水素酸のため、ある意味でフッ化水素を輸出制限されてしまうと、半導体の製造ができなくなってしまうことを意味します。

また、フッ化水素ですが、日本の技術により高濃度のフッ化水素となっており、日本への輸入に頼っているという現状があります。

つまりフッ化水素の輸出制限を日本が行うと、韓国の半導体業界は大ダメージを受けるということになります。

サムスン・SKハイニックスなどが倒産すると韓国はどうなる?

実は韓国経済はサムスンやSKハイニックスなど半導体企業が支えているといっても過言ではなく、サムスン21.9%でSKハイニックスが11.7%とこの2社だけで、30%超の依存をしています。

つまりサムスンなどの半導体企業が倒産すると、韓国経済の30%以上が失われるのと同じ意味になります。

スポンサーリンク

韓国の今後の動きは?

先ほどの半導体企業への大きさの影響、そして韓国経済への影響から速やかに何らかの形で
韓国は対策を打ってくると思われますが、韓国は過去にもなんどもやらかしているので、
いまのところ動きは読めません。

中国になんらかの形で援助を求めて、日本にプレッシャーを与えてくる可能性もなくはない。

と思いますので、引き続きしっかりと注視していく必要があるかと思います。

韓国崩壊間近?まとめ

いかがでしたでしょうか?

日本政府がフッ化水素の輸出の一部を制限したことで、韓国への不満がたまった一部の人たちから
よくやった。との声も出ており、ネット上ではかなりにぎわいました。

しかし、全面的にフッ化水素を止めるというのはおそらくできないでしょうから、
なんとか不足分を他国に依存して回避する動きも考えられそうです。

しっかりと今後の韓国の動きを見ていきたいですね。

コメント

error: Content is protected !!