MacBook ProとiPad Proはどっちがいいの?比較した結果のおすすめは?用途は違うの?

Mac

どもrenです。

皆さんは、最近パソコンを使っていますか?

最近はタブレットでできることが増えて、パソコンを使う機会が以前より随分と減ったのではないかと思います。

実際、職場ではパソコンを使うけれど家ではもっぱらタブレットを使っているという方も多いんじゃないでしょうか。

そんな状況なので、今から新しくmac を買おうと思った方は、macbook proにしようか、はたまたipad proにしようか迷う方も多かったんじゃないかと思います。

確かに、iPad Proには専用のキーボードもありますし、「これを使ったら十分macbook proの代わりになるんじゃないか?」と考えた方もいると思います。

じゃあ実際のところはどうなんだ?というのを今から検証していきたいと思います。

 

macbook proとipad proはどっちがいいの?

結論から申し上げますと、これはその人の使い方によって変わってきます。

筆者がmacbook proを買った方が良いと考える方は「長文を多く入力する方」です。

やはりmacbook proはPCです。キーボード入力に関してはipad proには勝てない、と考えた方が良いかと思います。

では、逆にipad proが適している方はどんな方か?

それは、基本的に動画鑑賞や電子書籍、webページの閲覧がメインの方です。

確かに、文字入力に関しては苦手なipad pro。

しかし、そこはタブレットです。携帯性に関してはmacbook proはかないません。

12.9インチモデルでも677gと、ほぼ同じ画面サイズのmacbook proと比べても約半分の重さしかありません。

両者を徹底比較!

それではここから筆者が、両者が大きく違うと感じたポイントについて比較していきます。

キーボード入力のしやすさは?

まず、これは先ほども軽く述べましたが、macbook proのキーボードは軽いタッチで文字入力することができて、長い文章を入力するのに適していると言えるでしょう。

さすが、PCといった感じです。

では、iPad proのキーボードはどうでしょうか?

メールの返信、SNSの投稿などのちょっとした文章には対応できるキーボードですが、本格的に長い文章を入力するのは厳しいんじゃないかなと思います。

タブレットにつけるキーボード感が否めないかなと思います。

スピーカーの比較

これに関してはipad proの勝利です。

iPad proには4基ものスピーカを搭載しており、かなり迫力のあるサウンドを楽しめると言えるでしょう。

もちろん、ipad proはretinaディスプレイを搭載しているので、最近はやりの、定額の動画配信サービスなんかに加入して自宅で映画を見るというのもアリなんじゃないかと思います。

価格の比較

価格を見ていくと、macbook proは256gbで164800円、touch bar 付きのモデルだと198800円です。

対して、iPad proはwifiモデル256gbで103800円と、価格に関しては圧倒的にipad proの方が安いという結果になりました。

用途はどう違うの?

 

これは、先ほども述べたと通り、文章作成がメインならばmacbook pro一択なんじゃないかと思います。文字選択をするときや、カーソルの位置を変更するときに、いちいちキーボードから手を離して、画面まで手を移動させるのはかなり面倒な作業なんじゃないかと思います。

対するiPad proはそんなに文字入力をしないという方には適しているんじゃないかと思います。

動画鑑賞がメインだったり、電子書籍を読みたい方だったり、ニュースを見たり、そんな方にipad proが適していると思います。

まとめ

やっぱり、現時点では、まだ完全にipad proがmacbook proに取って代わることはできないんじゃないかなと思います。

でも、PCをメインで持っている人が移動中などに、メールの確認、職場で作った資料の確認、編集をするためのサブ機として使う、なんて使い方はアリだと思います。

皆さんも、ご自身の用途に応じて使い分けてみてくださいね。

 

コメント

error: Content is protected !!